事業内容

JGAPは日本版ギャップイヤー(Jギャップ)実現を目指し、
産・官・学だけでなく民を含めた事業を展開します