ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

12/1(金)19:30~ 石倉洋子一橋大学名誉教授の「Davos Experience in Tokyo」参加者募集!
ダボス10月.png


東京に居ながらにして、ダボスが体験できる!~今回のテーマは、「2018年をビジョン実現の年へ」

■今回のセッション概要
2017年、皆さんはどのように過ごされましたか?年末が近づくにつれて、漢字一文字で自分の一年を表すという風習もあるため、一年の振り返りを実践される方は多いのではないでしょうか。今年一年を通して、恐らく皆さん個人個人が成長もあり、挫折もあり、新たな挑戦もあったことでしょう。

2017年最後のダボスでは、この一年を振り返りながらみなさん独自の強みを発見し、複数人の強みを掛け合わせることでユニークなビジネスアイディアを考えてみましょう。

重要なのはみなさん個人のビジョンです。現在はVUCA(Volatility, Uncertainty, Complexity and Ambiguity)の時代といわれるように、今までのマーケット主義の考え方が通用しなくなってきているといわれています。よってフォーカスすべきは市場の変化でも、既存の枠にはまったやり方でもなく、ユーザーの意見であり、みなさんの好奇心からくる強い想いです。強みと聞くと気構える方が多いですが、仕事上のスキルでも、プライベートで突き詰めていることでも、経験から見出される特徴でもなんでも構いません。

これだけは自分は誰にも負けない!と思う各人の強みを掛け合わせることでみなさんのビジョンを実現するアイデアを2018年の新たな始動に向けて考えてみましょう。当日は投票で新しいアイデアを選び、賞品をお渡しするクリスマススペシャルバージョンでお届けします!

石倉洋子



※詳細、登録はこちらから⇒

http://dex.tokyo/next-session-54/
尚、「学生」は社会人の半額(2,000円)で参加できるので、申込サイトをよく読もう!

石倉 洋子一橋大学名誉教授
※プロフィール⇒http://yokoishikura.com/?page_id=123


(参考情報)
■『ダボスの経験を東京で』の開催の背景
 日本では世界的な課題について英語で議論し、解決案を考え、実行する場が少ないのが現状です。
 もっと世界を舞台に、堂々と議論できる人を育てようという目的からから毎月行われているのが、一橋大学名誉教授の石倉洋子が担当するプロジェクト「ダボスの経験を東京で」(Davos experience in Tokyo、以降「DEX」)シリーズです。このシリーズは、世界の課題に関心が高く、将来ダボスのような会合に参加したいと考える方々と共に、世界的な課題について英語で議論を交わし、自身の洞察を深めることを目的としている。 http://dex.tokyo

 このシリーズでは、
1.ダボスで世界のリーダーが行っている議論、今ホットな世界のテーマや課題を、その場でグループ別に、英語でブレーンストーミングする。つまり、ダボスで行われているような知的活動を東京で少人数のグループに分かれ、英語で行う。
2.見る、聞くだけでなく、自分たちが当事者として、テーマを選び、考え、表現し、議論する。
3.同じような関心を持つ人々と会い、ともに活動する契機をもつ
ことを目指し、毎月一度 19:00開場  19:30~21:30開催されています。

■セッションの目的
世界の課題に関心が高く、将来ダボスのような会合に参加したいと考える方々と共に、世界的な課題について英語で議論を交わし、自身の洞察を深めること。

(参考:JGAPインタビュー)
「 留学、ボランティア、そして7年間のフリーター経験を今につなげる大学教授」 慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科前教授 石倉洋子さん-私のGAP YEAR時代 2011年5月30日付 http://japangap.jp/gapyear/2011/05/003.html 

2015/7/9(木)発売 石倉洋子さんの『世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ』 http://japangap.jp/info/2015/07/62619davos-experience-in-tokyo.html

12/2(土) グラミン日本準備機構主催
「第1回 グラミン日本の立上げに向けたワークショップ」yuhi.JPG
          
==============================
グラミン銀行の日本版「グラミン日本」の立上げに向けた最新状況と直近の基本方針を報告するとともに、事業課題別のチームが取り組むべき課題とその進め方について検討します。今回のワークショップを通じて、サポーター、スタッフ、インターンなど、意欲ある多くの仲間とともに、グラミン日本の設立準備を進めたいと思います。

1.開催概要
● 日時

2017年12月2日(土)14:00~16:00
※ 終了後60分程度、会場内で懇談タイムおよびスタッフ・サポー
ター希望者のための相談タイムを設けます。
※ 懇談タイムおよびスタッフ・サポーター相談タイム終了後、有
志で懇親会を行います(実費)。

● 場所
レンタルプレイスなかぎん 4F「パイン」
〒104-0061 東京都中央区銀座8-16-10 中銀城山ビル4階
TEL:03-6869-6960
◇JR山手線・東京メトロ銀座線・ゆりかもめ「新橋」徒歩10分
◇都営地下鉄大江戸線「汐留」徒歩7分
◇都営地下鉄大江戸線「築地市場」徒歩8分
https://www.rentalplace.jp/access/

● 参加費
2,000円(当日現金払い、学生1,000円)

● 主催
一般社団法人 グラミン日本準備機構

● 共催
レンタルプレイスなかぎん

● 対象
どなたでも大歓迎ですが、特に以下の方々に来ていただくことを想
定しています。
・グラミン日本の立上げに向けて一緒に考え行動することに関心のある方
・グラミン日本との連携(アライアンス)に関心のある団体の方
・グラミン日本の設立準備チームに加わりサポートいただける方
・講演会・ワークショップ「『グラミン日本』の立上げに向けて」
(6月2・3日)、「グラミン日本の立上げ~キックオフイベント2」
(7月30・31日)に参加された方
・その他グラミン日本やマイクロファイナンスに関心のある方

● 定員
100名(先着順、定員に達し次第締め切りとなりますので、お早めにお申し込みください)

2.主なプログラム
進行(ファシリテーター):百野公裕(グラミン日本準備機構 監事)
● オープニング(企画意図の説明等)
● 講演「グラミン日本設立の準備状況と今後の基本方針」
講師:菅正広さん(グラミン日本準備機構理事長、明治学院大学大
学院教授)
● ワーク「チームメンバー募集・チーム別ミーティング」
※ グラミン日本の設立に向けた事業課題(事業開発(オペレーショ
ン)、ニーズ把握等)別に、参加者の中からチームメンバーを募り、
その後各チームが取り組むべき課題とその進め方について検討しま
す。
● まとめ(菅さんからの総括とアンケート記入)
※ 終了後60分程度交流タイムを設けます(名刺交換・ネットワー
キング等にご利用ください)。
また、並行して、グラミン日本準備機構のボランティアスタッフ希
望者・サポーター希望者との相談タイムを設けます。奮ってご参加
ください。
※ 交流タイム・相談タイム終了後、有志による懇親会を行います
(参加費実費)。

3.お申込
下記フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd_FHFqTQLHUrlWr7nRjmN3N4h5JHyCGiRoykfghWDG49uJuw/viewform?usp=sf_link
(短縮URL)
http://bit.ly/2iNbN42
に必要事項をご記入いただき、ご送信ください。
(一部で、「こくちーずからお申し込みください」と伝わっていま
すが、こくちーずイベントページ(削除済)ではなく、こちらをお
使いください)

または、件名に「12月2日ワークショップ参加希望」とお書きの上、
以下の必要事項を記入し、
mailto:support@grameen.jp
まで、メールにてお申し込みください。
(必要事項)
お名前、ふりがな、メールアドレス、学生である場合はその旨、電
話番号、(以下任意)所属

4.お問い合わせ

グラミン日本準備機構
E-mail:support@grameen.jp


● グラミン日本立上げに向けた具体的活動
グラミン日本設立準備活動や、グラミン日本・マイクロファイナンス等の普及啓発活動等に取り組む一般社団法人「グラミン日本準備機構」は8月9日に設立し、法人登記を既に完了しています。

また、本機構の理事会メンバーと、有志による準備チームは、ほぼ週1回ペースでミーティングを重ね、
・シングルマザーの自立支援を進める団体等とのアライアンス
・弁護士等、専門家による支援体制作り
・情報発信のための各種インフラ整備
等を進めてきました。

● グラミン日本立上げに向けた最新状況を報告し、チーム作りに向けて話し合う今回のワークショップではます、本機構の菅正広理事長から、グラミン日本立上げの基本構想、最新の準備状況、そして今後の基本方針を報告します。

その後に行うグループワークでは、グラミン日本の設立に向けた事業課題(事業開発(オペレーション)、ニーズ把握等)別に、参加者の中からチームメンバーを募り、その後各チームが取り組むべき課題とその進め方について検討します。

チーム編成は、以下の6つを予定しています。
・オペレーション(業務開発)チーム
・クライアント(ニーズ把握)チーム
・ファンドレイジングチーム
・マーケティング・コミュニケーションチーム
・アライアンス(連携先)開拓チーム
・管理(バックオフィス)チーム

11/20(月)日経カレッジ・ラボ 池上彰スペシャル「働くこと、生きること~学生と考える」公開収録大学生参加者募集(無料)!
フランス式.jpg

日経カレッジカフェと日経CNBCが共同制作しているテレビ番組「日経カレッジ・ラボ」の特別番組、にジャーナリストの池上彰さんが出演する。テーマは「働くこと、生きること~学生と考える」。

11月20日(月)に東京・大手町の日経ホールで公開収録。レギュラー番組の司会を担当するパックンとの対談のほか、学生との討論会を予定している。

番組では公開収録を観覧できる学生を300人募集中。観覧は無料(応募多数の場合は抽選)。

番組の詳細や応募は以下のリンク⇒
http://college.nikkei.co.jp/article/104580617.html 

1  2  3  4

最近のお知らせ

アーカイブ