ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

海外ギャップイヤー事情 米国編「大学入学前ギャップイヤー・プログラム運営NPO代表がマリア・オバマさんを絶賛する理由とは!?」の巻②.jpg


『BRIGHT』はビル&メリンダ・ゲイツ財団が出資している教育的イノベーションに重要性をおいたメディアだ。大学入学前ギャップイヤー・プログラム運営のNPOであるGlobal Citzen Yearの創設者で代表のアビー・ファリックさんが、ハーバード大学入学前に1年ギャップイヤーを取得しているオバマ前大統領の長女であるマリアさんに向けたメッセージを寄稿していて、注目を集めている。

 なんとタイトルが、「マリアさん、ギャプイヤーを取得してくれたありがとう!」だった。

 マリアさんが去年春に、ハーバード大に進学する前にギャップイヤーを取得することを発表した時、アビーさんは、感動して興奮したとのこと。一般的な規範に抗う選択をすることは米国でも容易なことではないが、それを見事やりとげたマリアさんへの賛辞だ。子供達を高校から大学へストレートに進学させるというK16(幼稚園から大学教育段階まで含めた学校枠を超えた教育の一貫性)のベルトコンベヤー式の「直線人生」は、日本同様米国でも強く、その道を外れること、そしてそれを公表することさえも大変勇気のいることだ。

 アビーさんは「貴女がギャップイヤーを取得する具体的な理由は知りませんが、本人も気付いているかいないかは別にして、貴女の決心は、この大切な考え方に関係のある親御さん、先生方、そして子供達に影響を与えています。それは、大学にいかなかった者達の代替案としてあったギャップイヤーを、熱望するようなことへと立場を替えてしまうほどのインパクトです。いかにして大学生活を良いものにするかという問題提議が高まる中、リーダーシップの出発点としてギャップイヤーを再考するための先例なき機会があり、それは貴女のおかげであり、そのような変化の始まりに今、私達はいます」と書いている、

 アビーさんは、「ギャップイヤーという言葉は、実際その可能性を鑑みて、そろそろ"ブリッジイヤー"と呼び始めるのが良いのではないでしょうか?」と問いかける。

 去年の秋、ギャップイヤーの始めに、ボルビアに旅したマリアさんの決心にとても心が動いたと言う。つまり、2016年の大統領選挙の大騒ぎの最中に、静かにメディアに騒がれることなく、勇気ある選択をして海外に行った決断を指している。

 "市民外交(Citizen Diplomacy, )"という言葉が冷戦時代に造り出されたが、今や、これまでにないぐらい重大な局面にあるとアビーさんは語る。

「トランプ氏は就任演説の際、"アメリカ第一主義"を基に大統領としての地位の土台をつくりました。しかし今、人類が直面しているもっとも深刻な問題(気候変動、貧困、病、移民)は、地球全体の問題。これらの問題はひとつとして1つの国だけでは解決できるものではありませんし、そのことを理解できるリーダーが必要です。要するに、私達の運命はからみあっていますが、私達の経験は現在そうなっていません。」

「自分達が知らないことを嫌悪したり、恐れたりすることはあまりにも安易。異文化や異なる宗教の人々を受け入れ、愛することを学んだ時、恐れが遠ざかり、尊敬や理解、そして協力が溝を埋めていくのです。」


 マリアさんがボリビアで体験したグローバルな経験や、多くの学生にGlobal Citizen Yearを通して提供しているプログラムはもはや贅沢な物とは見なされず、重要なものとして認識されている。若い時に中南米の地域社会に住み、共に働いたおかげで、より良い米国、より良いリーダー、そしてより良い人間に成長していく。だから、マリアさんが海外で過ごしている時間が、同様に人間形成することを実証してくれることを願っているわけだ。

 今日、世界におけるアメリカの役割があまりにも不確かになっているので、若い人達がもっとマリアさんの選んだ道を歩み、国境を越えて旅をしてほしいとアビーさんは願っている。

 アビーさんはどっぷりと外国語や異文化につかり、居心地のいい場所からかけ離れた世界に身をおくことによって、アメリカの理想主義や楽観主義、多様性を受け入れる価値観や精神を共有するだけでなく、他者の価値観や見解を自国に持ちかえる準備ができる。そういう意味で、海外に旅をすることは私達ができる最も愛国心の強いことではないかと思うようになったのだ。

 最後にアビーさんはまとめる。「マリアさん、どうか旅を続けてくださいね。そしてもっと重要なことは、アメリカ国民としてだけではなく、世界市民として、私達全員がどうやったら関われるのか手本を示すために貴女らしさを通し続けてくださいね」

 本来の米国らしい、スケールの大きなストーリーである。

文/JGAPギャップイヤー総研客員研究員 余田有子


(関連記事)
2016年1月1日付:「2016年は"ギャップイヤー2.0"の時代!」(砂田 薫)-代表ブログ http://japangap.jp/blog/2016/01/201620.html

2015年8月1日付ス
「今秋から新たに10大学で"ギャップイヤー制度"が誕生する!」(砂田 薫)-代表ブログ http://japangap.jp/blog/2015/08/10.html

2015年5月15日付
文科省が平成27年度「ギャップイヤー・プログラム」の公募状況を公表~応募は38大学。選出は12件程度を予定 http://japangap.jp/info/2015/05/273812.html


2015年1月29日付
「ついに大学に、文科省の"ギャップイヤー予算"が付く!」(砂田 薫)-JGAP代表ブログ
http://japangap.jp/blog/2015/01/-27-httpwwwkanteigojpjpsingisouseikihonseisakudai2s6pdf.html


2013年1月9日付 なんと、大学院が「ギャップイヤー・プログラム」を創った?!~ "起業家精神と経営管理の"ギャップイヤー修了書"が授与される南ア・有力大学院1年専修コースが出現-JGAP代表ブログ
http://japangap.jp/blog/2013/01/-httpkodamayusukewordpresscom20121207efbc91efbc99e6adb3e381aee88ba5e3818de8b5b7e6a5ade5aeb6e38081e4b.html

※「海外ギャップイヤー事情」150超記事の一覧リスト(右ナビ)→http://japangap.jp/info/cat44/

5 

海外ギャップイヤー事情 豪州編「ギャップイヤー以降、大学を辞めて、プロブロガーになった私!?」の巻②.jpg

オーストラリア出身の26才の旅行写真家で、自身のブログ"ポルカドット パスポート"も立ち上げているブロガーで二コラさんがいる。彼女は一旦は大学に進学したが、自分の気持ちに正直に行動しギャップイヤーを取得し、現在は未知の世界ではあるが、理想的な人生(dream career)を歩んでいる。

通常豪州でも、高校を卒業してどの道に進もうかと決断することになると、多く(約8割)がまっすぐにベルトコンベヤー式の人生に飛び乗っていく。つまり、それは卒業して、すぐに大学へ進学し、そして正社員の仕事をみつけるということだ。ニコルさんも十代を通してずっと、これから先にある人生はこういうものだと思ってきた。
実際、この方向性しか人生にはないと思っていた。

しかし今や、自分の情熱をかけて、フルタイムの旅行写真家兼ブロガーとして、約40カ国も旅ができる仕事ができるようになった。

ニコルさんも22才やそこらで、旅をしながらお金がもらえる事なんて夢にも思えなかった。高校に入学した最初の頃から、自分の人生の計画は立てられていると感じていた。多くの生徒がそうであるように、両親や先生達から大学に進学し、何かを学ぶものだというプレッシャーを感じていた。高校の最後には、優秀な成績をおさめ、自分が選ぶどんなコースもほとんど入学できることが保証されるまでになっていた。

しかし、大学の案内パンフレットをいつめくっても、自分の目にとまる物はなかった。それどころか、これから先の何年間を壁に囲まれたクラスルームの中にとじこめられて過ごすことを考えると、胸が締め付けられるような気持ちになったと言う。

結局、写真学を専攻することにしたが、大学での最初の1年は自分が期待していたものと大きく違っていた。主観的な講義や退屈なグループプロジェクトがアートへの情熱を失わせたと語る。
そのかわりに、現実の社会にでた方がずっと学べることに気付いた。そこで自分で写真のビジネスを立ち上げ、すぐにスキルを磨き、経験を積んでいった。


1年後、ニコルさんは大学を休学し、ギャップイヤーを取得する決心をした。若い頃から旅をしたいと恋焦がれていたので、いつでもブリスベーンから出て世界をみてまわりたいと考えた。そこから半年、狂ったように働き、できるかぎりのお金を蓄えた。

ヨーロッパにむけて旅立つ日、まさに彼女の人生が永遠に変わった時だった。
これまでの学校で学ぶことよりも4カ月間の旅で、より沢山の歴史や文化、政治に関する知識を得たが、もっとも大事なことは自分自身についてよく知ることができたということだ。

まもなくして、インスタグラムに載せていた写真がTopdeck旅行社の目にとまり、彼らの会社のパンフレットに自分の旅の写真をいくつか使わせほしいとオファーされた。これがまさに彼女のキャリアの始まりだった。
旅の後、当初の計画では大学に戻るつもりだったがそうはしなかった。再びギャップイヤーを取得して、半年間のボランティアの旅に出た。そこで彼女は"ポルカドットパスポート"というブログを始めた。
また同時にTopdeck旅行社との関係も構築しはじめ、初めて給料をもらって写真を撮りに海外に行くという仕事を手にいれた。

そうこうしているうちに、彼女は決断をしなければならないところにきていた。
冒険をしないで、大学にもどり、皆と同じように落ち着くか、あるいは自分の心に従い、予測できない不安定な道ではあるが、自分の道を進むということだ。

彼女は後者を選んだ。それはもっとも恐ろしいが、でも最高の決断だと思う。
一旦決心をすると、成功すると考えられる大学卒業のガウンと学位をもって壇上にたつ必要がないという事実を受け入れた。つまり、退学をした。

彼女にとって成功とは、誰か他の人の道に続いて行こうとするかわりに、自分の情熱を追い求め、自分の道を作り上げていくことだった。
もちろん、これはすべての退学性や高校生に、高等教育をあきらめて世界中を旅しようと提案しているのではない。
ひとりひとりの成功への道は全部違うように見えるが、どんな道に進もうと、自分の心の声を聞いて道を歩んでいくことが大事ということだ。

大学を辞めて5年が経ち、学士でもなければ、高額の仕事や伴侶や家もないかもしれない。そのかわりに、自分のオフィスに座り、今日はそれがインドのゴアの浜辺のカフェで、コンピュータの画面の先にある海に沈んでいく夕陽をながめながら、空気を通して香るスパイスの匂いと、汐っぽいそよ風がニコルさんの顔をくすぐる。

なぜか今、自分の人生はこうある運命にあったんだと彼女は感じている。

文・JGAPギャップイヤー総研客員研究員 余田有子


(関連記事)
2016年1月1日付:「2016年は"ギャップイヤー2.0"の時代!」(砂田 薫)-代表ブログ http://japangap.jp/blog/2016/01/201620.html

2015年8月1日付ス
「今秋から新たに10大学で"ギャップイヤー制度"が誕生する!」(砂田 薫)-代表ブログ http://japangap.jp/blog/2015/08/10.html

2015年5月15日付
文科省が平成27年度「ギャップイヤー・プログラム」の公募状況を公表~応募は38大学。選出は12件程度を予定 http://japangap.jp/info/2015/05/273812.html


2015年1月29日付
「ついに大学に、文科省の"ギャップイヤー予算"が付く!」(砂田 薫)-JGAP代表ブログ
http://japangap.jp/blog/2015/01/-27-httpwwwkanteigojpjpsingisouseikihonseisakudai2s6pdf.html


2013年1月9日付 なんと、大学院が「ギャップイヤー・プログラム」を創った?!~ "起業家精神と経営管理の"ギャップイヤー修了書"が授与される南ア・有力大学院1年専修コースが出現-JGAP代表ブログ
http://japangap.jp/blog/2013/01/-httpkodamayusukewordpresscom20121207efbc91efbc99e6adb3e381aee88ba5e3818de8b5b7e6a5ade5aeb6e38081e4b.html

※「海外ギャップイヤー事情」150超記事の一覧リスト(右ナビ)→http://japangap.jp/info/cat44/

5 

SAKURA COLLECTIONは【和×アジアの美学】が作り出すファッションイベント。第6回の今回は、シンガポールやマレーシア、ベトナム、インドネシア、タイ、フィリピンのトップデザイナー6名と各国のSTUDENTS AWARDを勝ち抜いた学生が参加し、これまでにないジャポニズムを表現する。

SAKURA COLLECTIONは、ファッションを通じた文化交流により、東南アジアの若手デザイナーの育成と日本の産業活性化に貢献するファッションショー。

これまでマレーシア、ベトナム、インドネシア、タイ、シンガポール、フィリピン、フランス等で開催し好評のSAKURA COLLECTIONが、この度、集大成的位置付けで、3月26日(日)横浜港 大さん橋にて、過去最大級のイベントを開催する。

2012年にスタートしたこのイベントは、開催各国にて数千~数万人規模の動員を実現し好評を博してきたが、日本におけるSAKURA COLLECTIONブランドの浸透にはイベントのさらなるグレードアップが必要で、今回クラウドファンディングを活用した取り組みにチャレンジしている。

今回、3月26日(日)、横浜港 大さん橋という大きな会場で、新しいSAKURA COLLECTIONをお見せするため、どうか皆様のお力添えをいただけませんでしょうか。

※詳細は
アジア発のネオジャポニズムファッションイベントを盛り上げたい! - クラウドファンディングCAMPFIRE
http://camp-fire.jp/projects/view/13677

1  2  3  4

最近のお知らせ

アーカイブ