ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

参加者の横顔:「僕は自分の育った地元が好きだ」和泉 大介さん(SUKIMACHI共同代表、獨協大学)izumi san21751812_2033019920259154_498398998917428180_n.jpg

宇都宮大学COC+ (地域創生) 事業主催「フィールドワーク&ワークショップ合宿 "地元で生きる"を考える@足利」(愛称:足利キャリア合宿)には、地元に熱い想いを持っている大学生が多い。

今回の参加者で、二日目の早朝の8時半から30分、「今の想い」を語る和泉大介さんの原体験は、高校時代にあった。高校2年生だった2014年1月、地域の足であった単線でわずか6.4キロしかない「銚子電鉄」が脱線し、町の足が奪われた時だ。

修理代が出せない銚子電鉄に、生徒が思いついたアイデアは、クラウドファンディング。当時はまだ高校生がチャレンジするのは、ほとんど事例がないファースト・ペンギンであった。彼らの募集金額は300万円だったが、その熱い想いは共感を集め、全国から500万円以上の寄付が集まった。【注1】参照

これを契機に、和泉さんは、「僕達にも、地元でできることはある」と、ますます地元である銚子に想いが募った。大学に進学してからは、地方から東京に進学した大学生が、それぞれの地元に貢献する任意団体SUKIMACHIに入会して、今年4月から共同代表になっていて、活動の幅がまた広がった。多くの地域を訪問している。

「足利キャリア合宿」に参加すれば、地域や地方に熱い想いを持った和泉さんのような学生と意見交換や交流できる。


【注1】
2014年10月6日付
No.187:「脱線事故で走れなくなった銚子電鉄をもう一度走らせたい!~僕たちの想い」(和泉 大介さん、銚子商業高校3年 プロジェクト代表)-ギャップイヤー・ジャパン
エッセイ集 フロンティア・フォーラム http://japangap.jp/essay/2014/10/-3-2.html 


・9/30(土)・10/1(日)実施 宇都宮大学COC+ (地域創生) 事業主催「フィールドワーク&ワークショップ合宿 "地元で生きる"を考える@足利」 大学生参加者募集-http://japangap.jp/info/2017/07/930101.html 

・9/30(土)・10/1(日)実施  宇都宮大学COC+ (地域創生) 事業主催「フィールドワーク&ワークショップ合宿 "地元で生きる"を考える@足利」 若手社会人参加者募集-ニュース | ギャップイヤー・ジャパン http://japangap.jp/info/2017/08/930101-1.html 


【概要】
9/30(土)・10/1(日)実施
「フィールドワーク&ワークショップ合宿 "地元で生きる"を考える@足利」大学生参加者募集


「生まれ育った故郷や地元をなんとかしたい!」という問題意識を共有できる全国の大学生を募集!

昨年9月、日光市で開催した宇都宮大学COC+(地域創生)の「フィールドワーク&ワークショップ合宿(通称:キャリア合宿)」である「"地元で生きる"を考える」が、"再開"されます。昨年は、参加学生にとって集合写真が物語るように、今年は会場を足利学校とフラワーパークの藤で世界的に有名になった足利市に移し、開催します。

今年も、フィールドワーク(街歩き)の後、デザイン思考で設計されたワークショップを通して、ポスト東京五輪の2021年の近未来を見据えた観光改革案のコンテストを実施し、「足利市長賞」を目指します。

この「キャリア合宿」の特徴は以下の4点が挙げられます。
・男女問わず、東京など県外の多様な大学生(院生含む)による混成チームによる対話
・JR宇都宮駅に午前9時に土曜日に到着すれば、後は宇大バスで2日間の足利合宿
(もちろん都内等からJRや東武電車で直接足利市の会場に行くのも可能)
・地元や地域を愛し、価値観を共有できる登壇者との議論と交流
・1泊2日、3食(夜・朝・昼)付きで、参加費は宿泊費込で4,000円(当日徴収)


宇都宮大学のCOC+「とちぎ仕事学部門」はズバリ「地域創生」がテーマ。地元好きが全国から集結する9月最終週の週末は、密で熱い2日にしよう!

 最近よく語られることに、東京は大学入学などで、若者をブラックホールのように地方から吸収するが、その後、幸せがなかなか築けていない現状がある。若者も地元に戻って暮らしたいが、仕事がないのではと諦めてしまう・・・。

 人口減の中での少子高齢社会という極めて難しい環境中、これからどのように一人ひとりの自己実現や幸福は可能なのでしょうか?「地域創生」については、日本各地で様々な取り組みや新しい動きが散見されるが、まだ緒に就いたばかりというところ。

 一方、「地域の担い手である若者や住民が"自分事"として自ら考え動くことなしには地域が変わる、生き方が変わる、働き方が変わることはない」ということと、"外部"の多様で新鮮な目はやはり価値づくりに有効ということがコンセンサスになってきた現状がある。栃木県が有する観光資源として抜群の潜在力を有する足利市で、「地元(出身地)で生きる」をテーマに大学生・院生が集まって対話と議論をする。
 参加費用もJRの宇都宮駅(東京駅から新幹線なら50分、在来線快速では約90分(注1)で片道料金は2千円弱)まで来ると、なんと3食・宿泊費込で4千円(当日払い)と大学生のフトコロにも優しい。募集は定員24名(先着順)。主催は宇都宮大学COC+「とちぎ仕事学」部門、共催に足利市が入っている。

初日午前は足利市等から市政などの情報をインプットし、俄かチーム編成の後、4人を1単位に、足利市を夕刻まで車や鉄道を利用しながらフィールドワーク(テーマを持った街歩き)する。夜は宿泊先でもある足利市研修センターで、食事後ナイト・セッションに移る。「足利で生きる!」をテーマに足利移住者や足利で活躍する若者3名が参加者に語り掛け、対話を行う。インスピレーションを受けた後は、フィールドワーク(街歩き)での観察や取材、調査の成果をデザイン思考の手法に基づき共有し、各チームでブレスト。新サービス・新商品、新政策などに落とし込んでいく。2日目は朝一番に、東京の大学に進学した地方出身者の集まりである任意団体SUKIMACHIの活動報告を受けた後、チーム対抗の「足利観光改革プランと各地元への適用」をテーマに、プレゼン資料の議論・検討・準備をワークショップ形式で行う。そして午後から発表・審査のフィナーレへと進む。午後3時に思い出の足利市に別れを告げ、それぞれ宇大バスで東武足利市駅、JR足利駅、JR宇都宮駅の順に停車し、最終宇大到着は午後4時40分を予定している。

 観光分野で潜在能力の高い足利の地で、参加者のGMT(ジモト)の将来を考える手がかりがつかめるだろう。この2日間の合宿中、以下のGMT5の話が聞けたり、意見交換ができる。

申込はEメール・アドレスcocplus@cc.utsunomiya-u.ac.jp に、氏名・性別・大学&学部名&学年・住所・本人携帯番号・自宅電話番号を記入し、件名:「足利キャリア合宿申込」として申し込めばよい。

登壇予定のGMT5 (=ジモトファイブ、敬称略)
①木村勲武(きむらいさむ)35歳
 足利市出身
 県立足利高校 → 成城大学経済学部
 株式会社グローバルダイニング
 有限会社遊戯
 洋食フライパン
 野菜と農場暮らしの実験室
 マルショウアリク
 などを経て、2017年4月足利市にUターン
 10月の独立出店へ向けて準備中

②山下彩華(やましたあやか)25歳
 今年度6月1日から地域おこし協力隊
 愛媛県松山市出身 筑波大学大学院在学中
 芸術や文化の研究をし、足利の古民家を活かした
 アート展などを絡めまちなかの魅力向上を企画している

③永井健太(ながいけんた)35歳
 足利市出身の唯一の元プロサッカー選手
 県立栃木高校 → 駒澤大学 → 栃木SC → ツエーゲン金沢
 を経て現在、市役所広報課でシティプロモーションを担当している
 異色の公務員

任意団体SUKIMACHI 共同代表 末永新・和泉大介
・・・地方から東京の大学に進学した学生の任意団体。地元(すきなまち)を発信する学生を増やし、若い世代の 「遊ぶ、働く、暮らす」選択肢を地元中心に広げることを目的としている。 

170718_足利キャリア合宿 _オモテとウラ_ページ_2.jpg

9.jpg

9/16(土)13時~ Crossover主催ディスカッション大会「みんなでデザイン!納得感のある社会」参加者募集
CROSSOVER.jpg


任意団体の官民協働ネットワークCrossover(2002年設立)は、現在日本が直面している最も困難な課題として「来る本格的な人口減少社会への適応」に着目し、産官学民各セクターの連携による問題解決に向けた議論と行動を喚起するために、最近では異業種間のディスカッション大会(2014年12月14日,2015年8月29日)、異業種政策ワークショップ(2015年2月28日、同7月11日、2016年5月28日」)等を実施している。毎回参加者の鋭い問題意識、 多彩な 視点、そして社会問題を「自分事」 として捉えようという考えから、 学びと共感に満ちた素晴らしい空間を創り出している。

9/16(土)ディスカション:「みんなでデザイン!納得感のある社会」参加者募集
(主催:官民協働ネットワークCrossover)

【開催日時】 2017年9月16日(土)
 第一部 ダイアログ(ディスカッション大会) 13:00~17:00
 ※ 開場は12:30となります。
 第二部 懇親会 17:30~20:00

【参加費】(会場費、資料印刷費、お茶代等)
第一部 一般 1,000円  学生(高校生・大学生)  500円
第二部 一般 3,000円 学生(高校生・大学生)  2,500円

【場所】 東京医科歯科大学  7号館4Fの第4講義室
         (JR/東京メトロ 御茶ノ水駅 徒歩2分)

【定員】 60名
 応募締め切り 2017年9月13日(水) 24:00

みなさんは今の社会に満足していますか?
あなたにとって、社会の仕組みや文化に「納得感」がありますか?

僕は、この社会の現状や制度のあり方に対して、「不公平だ」という感覚(不公平感)を持っている人に沢山出会います。

例えば、「国民年金を支払っているのに、自分が受給年齢になった時にもらえないのではないか?不公平だ!」という人。沖縄に基地負担が偏っているという人。女性は家事、男性は仕事をするのが当たり前という価値観に悩む人。4月のクロスオーバーのイベントでは、親の学歴によって大学進学率に差があるのは不公平だと思う人が居たり、去年の12月の農業のイベントでは地方の農業を題材に、地方と都会の格差の話題があがったりしました。

そういった社会の状況や文化に対して「不公平感」を持つ人が要る一方で、年金を満額で貰えていい制度だなと思う方がいるかもしれませんし、米軍基地周辺以外に住んでいる人々は基地負担を気にすることなく安全を享受しているのかもしれません。

様々な「不平等」な事情に関係して「得」や「損」を感じている方がいると思います。
この「不平等」はなくせるのでしょうか?そもそもなくすべきなのでしょうか?

僕は人々が持つ「不公平感」は、今後、人々が置かれている経済的な状況や、価値観が多様化していく中で、より一層強まっていくように思います。
放置すれば、社会は分断され、ぎすぎすとした居心地の悪いものとなってしまうでしょう。

一方で、人々が「納得感」を持つことができれば、必要な時には助け合う、暖かい社会を実現することができるかもしれません。

「不公平感」ではなく「納得感」が満ちた社会を創っていくため、官民協働ネットワークCrossoverは、不公平感にまつわる諸問題に対して我々はどのように向き合っていくべきか、みなさんと一緒に議論し、納得感のある社会をデザインする第一歩を踏み出していきたいと考えています!奮ってご参加ください!

【申込方法】お申し込みは、フォームの記入を持って完了します。
参加ボタンのみでは完了しませんのでご注意ください。
↓フォーム↓
http://crossover21.net/co/event_entry/ 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【メモ】
任意団体:官民協働ネットワークCrossover(設立:2002年)
- Crossoverは、官と民、営利と非営利、年齢や国境、あるいは前例や先入観など、身の回りにある様々な壁を乗り越える力を高め、社会問題解決に向けた協働のきっかけを創り出す触媒です。

- 2002年4月の立上げ以来、毎年数回主催してきた「異業種ディスカッション大会(ワークショップ)」等を通じて、多様な業種で働くビジネス・パーソン、中央省庁や地方自治体の職員、NPOのスタッフ、高校、大学、大学院で学ぶ学生、あるいは主婦、医師、会計士、税理士、社会起業家、フリーター、政治家、議員秘書、音楽家など、日常生活や仕事だけをしていたのでは出会うことの無い老若男女100名以上を集め、それぞれの立場を超えて、地域社会や日本、そして世界の問題解決に向けて、「自分たちは何ができるか」、「どうありたいか」をぶつけ合い、新しい気付きを得あうユニークな時間・空間を提供してきました。

Crossoverのスタッフは、社会問題を他人事ではなく自分の事として捉えて行動を起こす"人財"をつなげ、そうした人財たちが、より良い社会の実現に向けて、組織や立場の垣根を越えてアイディアを競い合い、共に汗を流す社会を実現したいと考えています。
サイト:http://crossover21.net/
スタッフ代表:池田洋一郎


海外ギャップイヤー事情 マレーシア編「ギャップイヤーは高等教育のエコシステムを創る!?」の巻9 KIMG2633.JPG

マレーシアの情報が隈なく入手できる媒体"The Star"に掲載されていたギャップイヤーに関するニュース。それは、文部科学大臣が9月からギャップイヤープログラムを始まるとのことで、大変な反響を呼んでいる。

ギャップイヤーは学習の中にあるギャップを埋めるもの
ギャップイヤーについてどう考えているかマレーシアで聞いてみたら、何人かはすでに人生において、ギャップイヤーを取得していて、その経験や考え方についても語ってくれた。

ある女子大生は、マレーシアのイスラム国際大学の最終学年で法律を学んでいて、去年の1月から9月にかけてギャップイヤーを取得していた。
「まだ、国際的なものではなかったけれど、この決断に後悔はしていない」と語ってくれた。

彼女は東南アジア若手リーダーイニシアティブ(YSEALI)(2013年アメリカのオバマ大統領が発案し、アメリカ国務省がスポンサーになっている)に選ばれた時に、ギャップイヤーを取得しようと決心した。
「ありがたいことに、大学ではその選考過程が上手くいくようにとても協力してくれた。」
そして2月にアリゾナ州立大学に4週間行き、そこで社会起業家や経済成長(SEED)について学んだ。そのプログラムの5週目にはサンフランシスコとワシントンDCに行き、異文化を体験しアメリカの首都を見学した。

YSEALIのプログラムが終了しても、引き続き彼女は活動を続けた。
3月~9月の間にアジア諸国で色々なNGO団体のボランティア活動に励み、スイスのジュネーブでは人権に関するワークショップに出席し(スイスでは国連難民高等弁務官事務所、国際刑事裁判所、国際司法裁判所を訪問)そして9月には、ラオスでオバマ大統領とも会うことができた。

その間、2カ月間小売業で仕事をし、就労経験も積んでお金も稼いだ。
9月に再び学業に戻ったが、ボランティア活動と社会福祉事業とは引続き関わり続けている。現在、YSEALIで知り合ったフィリピンとタイの友達と一緒に、性差別や女性への暴力と戦っている若者達の活動を応援するプロジェクトに取り組んでいる。

「自分の調査スキルと書くことへの情熱を考えた結果、ジャーナリズムの世界を選んだ。例えばマレーシア人がどのように障害がある人を見ているかというような例をとっても、ジャーナリズムを通して、一般人の認識や先入観を変えることができるという希望で、読者に働きかけることができることが魅力」と彼女は言う。


何より実行することが重要だ 
ギャップイヤーへの支援はこれまでにもある。
Teach for Malaysiaの理事は、国民の合意形成が新たな取り組みの大きなテーマになっていることを喜んでおり、ギャップイヤーとコラボする機会を熱心に探している。

Nation Building School(将来のリーダーを作り上げる学校)創始者も、この新たな取り組みにおいてNGOがきわめて重要な役目をしているという。NGO団体が学生達を地域社会及び彼らの問題に向けさせることができるとして、彼らがネットワークでつながることによって地域社会を通して教育することができ、そしてこれらのような体験がもしかすると人生を変える出来事になるのだと語る。

UPSI(マレーシアの教師に成るための大学)を卒業した青年は、ボランティア活動の成果を称えられて最近英国のエリザベス女王と謁見する機会があったが、そのことは金銭的な理由で全ての学生達に平等な機会があるわけではないことを思いださせてくれたと話してくれた。

文部科学省は機会を確保するだけでなく、学生、親、そして社会的・教育的組織が考え方を変えるための準備が必要で、長期にわたって持続可能にしていくために文化化(人がある文化に順応し、その価値観を吸収し同化する過程)が重要だと言う。

もう一人は、かつてギャップイヤーを利用してEPIC HOMES(貧しい田舎に持続可能な住宅を建築する作業をボランティア活動につなげて行う社会的企業)に参加したが、大学学生支援あるいはカウンセリングサービスがギャップイヤー計画を立てる上で、重要な役割をすることが大事だと提言している。利用できる助成金などが数多くあるので、大学側はこれらの機会と学生を結び付ける必要がある。欧州では大学が学生達のギャップイヤーの費用を支払うかわりに、大学側は学生が魅力ある話を書き物にすることを期待している。

UNITENで学生リーダーをし、ソフトウェアのエンジニアリング科を卒業したある若者は、ギャップイヤーを取得できていれば、これら全てのリーダーシップに係る活動ができて、やりたいと思うことを全部やり、後の自分の勉強により集中できただろうと残念がっている。彼は現在Go STEM(学生が科学、テクノロジー、エンジニアリングや数学に対する関心が持つ人材育成を目標にスタートアップさせる企業)を運営しており、とても意識が高い人物だが、より効果的な学びを確かにするためにより率先してマネジメントできる必要性を感じている。


ギャップイヤーは高等教育のエコシステムを創る!

シンガポールの南洋理工大学の物理学部の学士号修了した社会人は、シンガポールのダウン症候群協会で働いている時に数多くのボランティア活動をしている学生達と出会った。彼曰く、ギャップイヤー制度を補足するためにボランティア活動を推進するある種の構造が必要で、さらに信用あるものにできるようにすることを提案している。そして全く管理されないようなことはないようにすべきだと言う。

これは単なるボランティア活動を推進する以上のことで、不足している人々が、我々の学生達の個人的成長についてより全体的に考え、ギャップイヤー期間中にどれだけ旅や就労活動やボランティア活動が価値あることになりうるかということを見ることであると言う。

ギャップイヤーは学生に自分自身を内省し、発見し、知性的に成長する機会を与えるものであり、また国に尽くす機会をも与える。この新たな取り組みはマレーシアの高等教育のエコシステム(生態系)に、ウィン・ウィンの関係をもたらしてくれると信じている。


文/JGAPギャップイヤー総研客員研究員 余田有子


(関連記事)
2016年1月1日付:「2016年は"ギャップイヤー2.0"の時代!」(砂田 薫)-代表ブログ http://japangap.jp/blog/2016/01/201620.html

2015年8月1日付ス
「今秋から新たに10大学で"ギャップイヤー制度"が誕生する!」(砂田 薫)-代表ブログ http://japangap.jp/blog/2015/08/10.html

2015年5月15日付
文科省が平成27年度「ギャップイヤー・プログラム」の公募状況を公表~応募は38大学。選出は12件程度を予定 http://japangap.jp/info/2015/05/273812.html


2015年1月29日付
「ついに大学に、文科省の"ギャップイヤー予算"が付く!」(砂田 薫)-JGAP代表ブログ
http://japangap.jp/blog/2015/01/-27-httpwwwkanteigojpjpsingisouseikihonseisakudai2s6pdf.html


2013年1月9日付 なんと、大学院が「ギャップイヤー・プログラム」を創った?!~ "起業家精神と経営管理の"ギャップイヤー修了書"が授与される南ア・有力大学院1年専修コースが出現-JGAP代表ブログ
http://japangap.jp/blog/2013/01/-httpkodamayusukewordpresscom20121207efbc91efbc99e6adb3e381aee88ba5e3818de8b5b7e6a5ade5aeb6e38081e4b.html

※「海外ギャップイヤー事情」150超記事の一覧リスト(右ナビ)→http://japangap.jp/info/cat44/

5 

1  2  3  4

最近のお知らせ

アーカイブ