ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

SAKURA COLLECTIONは【和×アジアの美学】が作り出すファッションイベント。第6回の今回は、シンガポールやマレーシア、ベトナム、インドネシア、タイ、フィリピンのトップデザイナー6名と各国のSTUDENTS AWARDを勝ち抜いた学生が参加し、これまでにないジャポニズムを表現する。

SAKURA COLLECTIONは、ファッションを通じた文化交流により、東南アジアの若手デザイナーの育成と日本の産業活性化に貢献するファッションショー。

これまでマレーシア、ベトナム、インドネシア、タイ、シンガポール、フィリピン、フランス等で開催し好評のSAKURA COLLECTIONが、この度、集大成的位置付けで、3月26日(日)横浜港 大さん橋にて、過去最大級のイベントを開催する。

2012年にスタートしたこのイベントは、開催各国にて数千~数万人規模の動員を実現し好評を博してきたが、日本におけるSAKURA COLLECTIONブランドの浸透にはイベントのさらなるグレードアップが必要で、今回クラウドファンディングを活用した取り組みにチャレンジしている。

今回、3月26日(日)、横浜港 大さん橋という大きな会場で、新しいSAKURA COLLECTIONをお見せするため、どうか皆様のお力添えをいただけませんでしょうか。

※詳細は
アジア発のネオジャポニズムファッションイベントを盛り上げたい! - クラウドファンディングCAMPFIRE
http://camp-fire.jp/projects/view/13677

リクルートライフスタイルが「27歳まで365日エントリー可能と2Yearパスポート交付」というギャップイヤー制度導入!

 リクルートライフスタイルの今回採用の特徴は、「365日エントリー&2Year passportの交付」、そしてキャリア観醸成の機会として、「いつでもエントリー可能な実務型の長期インターン制度」「"働く"を知る場作り」の3つ。

まず、「365日エントリー&2Year passportの交付」については年齢制限を27歳までとし、大学3年生の3月以降であれば、365日いつでもエントリーできるという。さらに、2種類の「2 Year パスポート」を交付し、「2Year パスポート」には、「入社パスポート」「最終面接パスポート」の2種類があり、2次面接通過者には、2年以内であれば最終面接から選考をスタートできる「最終面接パスポート」を、内々定受諾者には、卒業後2年以内であれば入社時期を選べる「入社パスポート」を発行するという。

これは、留学や新たな挑戦などに充てられ、「入社猶予」のギャップイヤー制度と言える。

インターンシップの参加は大学1年生〜30歳まで、365日エントリー可能で、期間は最低2ヶ月。かなり実務に近い立ち位置で、本格的に仕事に参加できる。

「ぐるなび」がギャップイヤー採用枠を導入!

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)は、このほど2018年度新卒採用ページ内で、学生の「経験」に応じて、応募ルートや就活時期を選べる「アラカルト採用」の募集要項を発表した。

同社は、これまで『棋力3段相当以上の方』を対象にした「囲碁選考」や、「学祭選考」など多様性あるユニークなアラカルト採用を実施してきたが、今回「ギャップイヤー選考」が新たなカテゴリーに入った。

【ギャップイヤー選考概要】
多様な就活を応援するぐるなびは、自ら「ギャップイヤー」をつくりたい方を歓迎します。
社会人になってすぐに成果を出せるよう、長年にわたって活躍を続けられるよう、残り1年何かに本気で取り組みたい!その本気の想いとプランをアピールしてください!

【応募条件】
2017年4月までに就職活動を終えて、残り1年間の学生生活(学業、研究、部活動、インターンなど)を充実させ、社会人として活躍する自力を養いたい方


(参考)アラカルト採用ページ:https://corporate.gnavi.co.jp/hr/fresh/alacarte/  


2018年度採用は、 学生最後の年は就職活動ではなく、本気で自分の立てた目標に対して全力で取り組みたいと考える"ギャップイヤー"志向の学生に向けたものだ。

いずれにせよ、ぐるなびは、食文化に興味・関心ある個性豊かな人材を募集することで、事業を活性化させ、日本の食文化に貢献いきたいと考えている。

1  2  3  4

最近のお知らせ

アーカイブ