ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

多摩大学 社会的投資研究所 リサーチ・アシスタント募集中!

 多摩大学社会的投資研究所は、社会的投資の普及・発展のためのエコシステム構築ハブを目指すシンクタンクです。2018年6月の立ち上げ以来、セミナー・シンポジウムの開催、調査・研究、ネットワーキング、インパクト評価など様々な活動を行っています。

 研究所は、3月から新たな調査プロジェクトを立ち上げます。これに伴い、研究員の下でプロジェクトのサポートを行うリサーチ・アシスタントを1名募集します。リサーチ・アシスタントの方は、プロジェクトにご協力いただくだけでなく、ご自身の関心に応じて、研究所が主催するセミナー・シンポジウム・研究会などにも参加できます。 社会的投資を普及・発展させていこうと言う志を共有できる方の応募をお待ちしています。

募集要項:
【職種】  リサーチ・アシスタント
【雇用形態】アルバイト
【募集人材】1名
社会的投資に関心を持ち、研究所の活動理念を共有できる方 チームワークができ、必要に応じて自分の判断で活動できる方 東京都内で開催する打ち合わせ・会議に事務局として参加できる方 マイクロソフト・オフィスによる業務が可能な方 英語によるインターネット・リサーチや、インタビュー・会合記録の取りまとめができる方を優先します。
【業務内容】調査プロジェクトのアシスタント業務 アドバイザリー委員会の運営補助 国内インタビュー調査のアレンジ及び記録作成 その他、報告書作成補助等、調査プロジェクトのアシスタント業務
【業務期間】   2020年3月〜6月(4ヶ月間)
【勤務形態】 在宅勤務(フレックスタイム)月に1〜2回、都内での打ち合わせや会議に事務局として参加
月2回程度、オンラインでの打ち合わせに参加 勤務時間は、月に40時間程度(プロジェクト進捗状況により変動する可能性あり)
【待遇】 時給1500円以上(経験・能力を勘案して決定)会議・打ち合わせ参加のための交通費は実費支給 【応募・選考】  履歴書(写真貼付)を事務局にE-mailで送付してください。過去に調査・研究・コンサルティング等の実績がある場合は、業務実績リストを添付してください。 書類選考を行い、選考通過者に対する面接の上、採用を決定します 応募締切は2月28日(金)中です。ただし、申請は随時受付・選考し、適任者が見つかり次第、募集を締め切ります。 【その他】     勤務内容・実績により、今回プロジェクト終了後も、引き続き研究所のリサーチ・アシスタント勤務をお願いする可能性があります。
【応募・問合せ】 多摩大学社会的投資研究所(担当:小林)
 〒108-0075 東京都港区港南2-14-14品川インターシティフロント5階  Tel: 03-5769-4170 / Fax: 03-5769-4173  E-mail: info@tama-csi.org  Website: http://www.tama.ac.jp/

【募集要項のウェブサイト】
https://tama-csi.org/%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E5%8B%9F%E9%9B%86/?fbclid=IwAR0ABhGrqUWoLstoUmbjlWsJZ5qUwwAnefn9-68r0UW1wkDx39hoAvxZ_ow

海外ギャップイヤー事情 米国編「Seamester」の巻


米国のギャップイヤー・プログラム紹介シリーズ(4)


Seamester
Seamesterでは独特なギャップイヤーの"冒険プログラム"を提供している。学生はオーシャンスターやアルゴといったヨットで世界中の各島、各国、大陸間を移動しながら、1年生活する。ここでの経験は学校の教室の壁によって制限されるようなことは無い。

もしユニークな教育的な冒険プログラムを探しているなら、Seamesterは正しい選択になるだろう。このプログラムでは1年を通し、大学生や高校卒業生向けに、航海をしながら行うグローバルな活動を提供できる。期間は20日間の短期から90日間の長期があり、カリブ海を周航する全長88フィート(約27m)のオーシャンスターと、一方で世界中を周航するアルゴで旅をする。

航海中、多くの島々を訪れる事になるが、それぞれの寄港地では地方政府や民間組織と共に調査活動や社会貢献プロジェクトに従事する。同時に、各々の興味ある学問や資格等にも打ち込める。

【問い合わせ先】
プログラム実施国 : オーストラリア、フィジー、ガラパゴス、イタリア、南アフリカ、スペイン、タヒチ、タイ、カリブ海沿岸諸国
メール: info@seamester.com
Website: www.seamester.com


レポート:ギャップイヤー・ジャパン客員研究員 出崎 義明 (インド駐在)


※「海外ギャップイヤー事情」150超記事の一覧リスト(右ナビ)→http://japangap.jp/info/cat44/

5 

海外ギャップイヤー事情 米国編「Winterline Global Education」の巻


米国のギャップイヤー・プログラム紹介シリーズ(3)


Winterline Global Educationr
Winterline Global Educationでは、冒険心にあふれ、周囲に関心を持つ青少年の為に、スキル取得を基本としたプログラムを提供している。

私達は、この時期に青少年が幅広い興味を追求し、現実世界のスキルを習得する事で、経験していない他者以上に大学や人生への事前準備ができるものと確信している。

あなたはどれだけ時間があるだろうか?何に興味・関心があるだろうか?1年でも1週間でも何かしら私達のプログラムを体験すれば、特別な場所で新しい文化に触れ、新しいスキルを学び、自分自身にとって大切な何かを発見できるでしょう。そして最高の時を過ごせるに間違いない。

また、あなたは、旅したい?高校や大学では学べない実用的なスキルを身につけたい?それとも生涯付き合える友人を作りたいでしょうか?

であるなら、短期でも長期でもこのギャップイヤー・プログラムに参加することをお勧めしたい。起業方法を学んでもいい、スキューバの資格を取得したり、ロボット制作をしたり、おいしいパンやお菓子の作り方を学んだっていい。それ以上の事が学べるかもしれない。

このプログラムは突き動かす動機や君がやりたい事を見つけるサポートをし、特に様々な国で特別なスキル取得する事に特化したものになっている。

大学への単位変換、大学教育費預金口座やAmeriCorpsのファンド利用も受け付けている。

【問い合わせ先】
プログラム実施国 : 中央アメリカ(パナマ、コスタリカ)、アジア(タイ、カンボジア、インド)、欧州(スペイン、オランダ、ドイツ、オーストリア)、北米
メール : admissions@winterline.com
Website: www.winterline.com


レポート:ギャップイヤー・ジャパン客員研究員 出崎 義明 (インド駐在)


※「海外ギャップイヤー事情」150超記事の一覧リスト(右ナビ)→http://japangap.jp/info/cat44/

5 

戻る 1  2  3  4

最近のお知らせ

アーカイブ