ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

海外ギャップイヤー事情 米国編「Dynamy Internship Year」の巻


米国のギャップイヤー・プログラム紹介シリーズ(1)

 英国ではギャップイヤーは1960年代から始まった習慣だが、米国は日本同様遅れて21世紀になって、大学やNPO等が人材育成の文脈でプログラムや制度として提供し、発展している。

 そこで、このシリーズでは、米国のギャップイヤー・プログラムの事情を読者の皆さんにお届けし、今後の活動等のために参考にしていただきたいと考えます。

初回は、マサチューセッツ州のDynamy Internship Yearです。

                            ギャップイヤー・ジャパン


Dynamy Internship Year
「ダイナミー•インターンシップ•イヤー」は米国で最も古く、この国唯一の居住型インターンシッププログラムだ。
ダイナミーのミッションは、17歳〜22歳の若者に1年(もしくは1学期間)の画期的ギャップイヤーの機会を提供することである。

マンチェスター州ウースターを拠点とするダイナミー•インターンシップ•イヤーでは、都市部及び地方にある100以上の組織団体におけるメンター制インターンシップでのリーダーシップ経験、アパート生活、進路/キャリアの個人アドバイス、(選択式だが)大学でのセミナー等の全てを統合したプログラムを提供する。
このプログラムは、学生の強みを伸ばし、大学、キャリア、更に先の将来に向け、自立するスキルを磨くことができるようにデザインされている。

学生はフルイヤー(9月〜5月)、1学期(9月〜12月または1月〜3月)、夏期(7月〜8月)の期間からダイナミーに参加可能だ。
【問い合わせ先】
場所:アメリカ マサチューセッツ州
電話番号:+1-508-755-2571
メール:admissions@dynamy.org
Website: www.dynamy.org


レポート:ギャップイヤー・ジャパン客員研究員 出崎 義明 (インド駐在)

※「海外ギャップイヤー事情」150超記事の一覧リスト(右ナビ)→http://japangap.jp/info/cat44/

5 

6/27(木)18:30~ 城西国際大学大学院公開講座
「なぜデンマークは世界で最も幸せな国のか ?」参加者募集(無料・事前申込)


城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科は、国際的な視点から、政策やビジネスを学ぶ場。
下記のように、その雰囲気を感じられる公開講座が開催される。

       記


1.テーマ:「なぜデンマークは世界で最も幸せな国のか ?」
  デンマークは、常に世界で最も幸せな国の一つにあげられます。
他方、日本は、近年国際的度な幸福度ランキングを急速に低下させています。そのような中、日本でも、デンマークにおける教育、福祉や働き方に関心が高まっています。日本とデンマークの比較を通じて、両国の現状と課題について学び、そして課題の解決策を探りたいと思います。  


2.講演者:寺田 和弘(デンマーク王国大使館上席政治経済担当官、NPO法人EMA日本理事長)
  慶應義塾大学商学部および法学部政治学科卒業。日本商工会議所企画調査部・国際部や在デンマーク日本大使館専門調査員勤務を経て、国会議員の政策担当秘書等を歴任、現在デンマーク王国大使館上席政治経済担当官及びNPO法人EMA日本理事長


3.日 時:2019年6月27日(木)18:30〜20:00

4.場 所:城西国際大学東京紀尾井町キャンパス(東京都千代田区紀尾井町3-26)
        1号棟1405教室
 
5.使用言語:日本語       


6.参加費:無料
 
7.事前申込・問合先 (E-mail) :i-admi@jiu.ac.jp


ギャップイヤー・ジャパン 砂田 薫代表のプレゼン資料公表
JPEG 小樽商大 ギャップイヤープレゼン.jpg

3月25日、小樽商科大学は、2021年度のグローカルコース設置を見据え、入学前に外国の大学等において一定期間学習する機会を与え支援することによって、グローバルな視野及び自主的な学習態度の涵養を主な目的として、「ギャップイヤープログラム」を4月から始まる2019年度から試行的に実施することになり、その説明会を高校生や高校関係者を集め、札幌駅前のサテライト大講義室で行った。

(当該プログラムのサイト:http://www.otaru-uc.ac.jp/cgs/ged/gapyearprogram/ )

ギャップイヤー・ジャパンの砂田 薫代表は、「なぜギャップイヤーで人材育成なのか!?」をテーマに、米国や欧州、そして日本のギャップイヤー事情を解説した(以下の添付PDF参照)。

PDF版 0325実施 小樽商大 ギャップイヤープレゼン資料.pdf

参考リンク:ギャップイヤー白書2013年

戻る 1  2  3  4

最近のお知らせ

アーカイブ