ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

明大がJTB・JAL・ヒルトンホテル等と連携し、ハワイでの"留学+インターンシップ"プログラムを導入!

明治大学国際日本学部は、ハワイ大学マノア校、ハワイ州のホスピタリティー関連企業と連携し、ツーリズム等を中心とした大学での学びと、実際のインターンシップ経験の双方を重視した新しい留学プログラムを来年度2015年度より導入する。初年度は20名を派遣予定。

 このプログラムでは、8月の約3週間、ハワイ大学で語学集中講義等を受講後、ハワイ大学の秋学期にあたる8月末~12月中旬、インターンシップに向けた基礎として、同大学の学生と共にホスピタリティー関連科目を中心に講義を受講、秋学期終了後の12月中旬から3月下旬にかけては、JTBハワイ、日本航空ホノルル支店、ヒルトンハワイアンヴィレッジワイキキリゾート、アウトリガーリゾーツといった現地のホスピタリティー関連企業でインターンシップを行うというもの。

世界有数の観光地であるハワイで、専門知識、専門理論を学んだ上で、実務体験を積むことのできる、8か月間の「留学+インターンシッププログラム」だ。

 明大によると、各企業は「インターンシップ先として学生を受け入れる各企業からは、学生ならではの斬新なアイデアやエネルギー溢れる行動力による職場の活性化、また、今回の取り組みを機にした、様々な分野での産学連携の可能性の広がりに期待する」という。

  明大の国際日本学部は、現在留学生の比率が15%。これまで、米国・フロリダ州立大学との連携による、ウォルト・ディズニーワールドでのインターンシップ留学など、多様な留学プログラムがある。

 インターンシップ先の各企業からは、学生ならではの斬新なアイデアや行動力による職場の活性化に期待しているとコメント。また、今回の取り組みを機にした、さまざまな分野での産学連携の可能性の広がりにも注目しているようだ。

 国際日本学部は、学生の15%が留学生という学部。今回の留学プログラムのほかにも、フロリダ州立大学との連携による、ウォルトディズニーワールドでのインターンシップ留学など、世界へ飛び出すための留学プログラムを提供している。

 JGAPの下部組織であるギャップイヤー総合研究所は、「ギャップイヤーの3要素は、非日常下での"課外留学・インターンショップ・ボランティア"で、これからの大学での人材育成の標準装備となるが、明大の試みは、その視点からも興味深い」とコメントしている。

最近のお知らせ

アーカイブ