ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

9/30(土)・10/1(日)実施 宇都宮大学COC+(地域創生)主催
「フィールドワーク&ワークショップ合宿 "地元で生きる"を考える@足利」(若手社会人:5名)参加者募集

「生まれ育った故郷や地元をなんとかしたい!」という問題意識を学生達と共有できる全国の若手社会人(5名)を募集!

昨年9月、日光市で開催した宇都宮大学COC+(地域創生)の「フィールドワーク&ワークショップ合宿(通称:キャリア合宿)」である「"地元で生きる"を考える」が、開催されます。昨年は、参加したのは、学部生・院生に限定したが、今年は学生にとって、「お兄さん、お姉さん」に該当する社会人(40歳未満)を5名募集することとなりました。

今年は会場を日光から、足利学校とフラワーパークの藤で世界的に有名になった足利市に移し、開催します。

今年も、フィールドワーク(街歩き)の後、デザイン思考で設計されたワークショップを通して、"ポスト東京五輪"の2021年の近未来を見据えた観光改革案のコンテストを実施し、「足利市長賞」を目指します。

この「キャリア合宿」の特徴は以下の4点が挙げられます。
・男女問わず、東京など県内外の多様な大学生(院生含む)による混成チームによる対話
・JR宇都宮駅に午前9時に土曜日に到着すれば、後は宇大バスで2日間の足利合宿
(もちろん都内等からJRや東武電車で、直接会場の足利市研修センターに行くのも可能)
・地元や地域を愛し、価値観を共有できる登壇者との議論と交流
・初日は4人の俄か混成チームで街歩き、翌日はチーム毎に、足利市へ「観光に資する提案」をする。但し、それぞれ背負う"地元に生かせる"説得力ある提案は点数が高くなる。
・参加費は宿泊費込で4,000円(当日徴収)内容は、1泊2日、3食(夜・朝・昼)含む。

参加ご希望の社会人(40歳未満)は、Eメール・アドレスcocplus@cc.utsunomiya-u.ac.jp に、氏名・性別・ご所属(法人名や機関名)・住所・本人携帯番号・自宅電話番号を記入し、件名:「足利キャリア合宿申込」として、お申し込み下さい。

【概要のサイト】※現在、学部生・院生も募集中
9/30(土)・10/1(日)実施 宇都宮大学COC+(地域創生)主催
「フィールドワーク&ワークショップ合宿 "地元で生きる"を考える@足利」参加者募集
http://cocplus.utsunomiya-u.ac.jp/information/seminar/930101.html 


170718_足利キャリア合宿 _オモテとウラ_ページ_2.jpg

最近のお知らせ

アーカイブ