ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

井本かおりの最新"英国ギャップイヤー"情報:「次男が高校卒業してギャップイヤーに!~Aレベル資格試験ははギャップイヤー向き」の巻

 『ここイギリスでAレベル(大学受験全国資格試験)の結果が発表されて約10日が経つ。

 結果を受け取った子供を持つ家庭において、この時期が一番の正念場なのである。
と言うのも、ギャップイヤーを取る子供たちはこれから一年間の休みをいかに有意義に過ごすか、膨大な計画が立てられる。
そして思わしくない結果を受け取った子供達にとってもこの一年"retake"(再試、resitとも言う)の準備期間として費やされるのである。

 ただし日本と違っているのは、大学側の受け入れ範囲の成績に達していなかった科目"のみ"の再挑戦(日本の税理士試験のような感じ)ということでもあり、的を絞った受験勉強が出来、同時に就労経験や世界旅行も可能なのである。

 来年から2回実施されていた再受験の1月のチャンスがなくなったとしても、流連荒亡な態度に出ない限り6月までゆうに一年もあれば補填勉強が出来ると言う訳である。

 その間、受験大学を変更したり専攻を変えることも可能で、6月の再A レベルの結果は過去の成績から良い方を提出出来ると言うメリットもある。勿論大学側としても2回目となるとある程度厳しく見る部分もあるのだが、日本の浪人たちと違って時間効率よく計画すことにより、最大限の世間勉強も出来る貴重な1年になりうるのではないだろうか。

 我が次男も3教科(歴史、経済、生物=13科目試験)中の3科目が大学側の要求成績に達してなかったと言う理由で、進学大学のレベルを下げるより再受験に挑戦する。したがって予備校には来年2月からスタートするコースの申し込みをすでに済ませ、これからボランティアやジャングル探索も含む南アメリカ、東南アジアの旅行に出かける。

 多様性と柔軟性を持つイギリス高等教育制度のメリットを生かし、この期間に大きく逞しく成長してもらいたいものである。』

井本かおり
JGAPギャップイヤー総研客員研究員(ロンドン駐在)

香港、パリを経て、英国在住23年目。
Rugby校在学中の次男が2013年にギャップイヤー予定。

※これまでの4記事
http://japangap.jp/info/cat46/

関連記事:海外ギャップイヤー事情(43記事)
http://japangap.jp/info/cat44/

井本さんご本人写真.JPGのサムネール画像

井本かおり
JGAPギャップイヤー総研客員研究員(ロンドン駐在)

香港、パリを経て、英国在住23年目。
Rugby校在学中の次男が2013年にギャップイヤー予定。

最近のお知らせ

アーカイブ