ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

ユヌスさん20189.jpgのサムネール画像
Yunus and You Social Business Design Contest 2018 (通称:YYコンテスト)本選観覧希望受付開始(無料)

YY SOCIAL BUSINESS DESIGN CONTEST は、グラミン銀行創設者であり、ノーベル平和賞受賞者であるバングラデシュのムハマド・ユヌス博士が提唱するソーシャル・ビジネスを具現化するために、日本で唯一のユヌスセンターである九州大学ユヌス&椎木ソーシャル・ビジネス研究センター(SBRC)が開催するコンテストです。

若者による革新的なソーシャル・ビジネスの創出を目的とし、過去6回の開催でも、自立的・持続的に社会的課題を解決するビジネスを創出してきました。 メンター伴走型の丁寧な取り組みと、豪華ゲストによる充実したワークショップが特徴です。

今年も6月のワークショップから早3か月、9月29日・30にはいよいよ総勢50を超える学生や社会人チームによる本選が開催されます。ソーシャル・イノベーション研究やソーシャル・ビジネスに興味関心ある方、またメンターに関心ある方も、ご希望の方は、下記の「本選観覧フォーム」からお申込下さい。


【日時】
学生部門本選 9月29日(土)10:00受付開始(午前・午後各ブッロクあり) 一般部門本選 9月30日(日)9:30受付開始(午前・午後各ブッロクあり)

【会場】
Softbank株式会社 青海キャンパス (東京都江東区青海2丁目4番32号タイム24ビル9階)

【スケジュール】
9月29日(土)学生部門午前ブロック(10:00受付開始、11:00~13:00)
9月29日(土)学生部門午後ブロック・審査結果発表(13:00受付開始、13:50~18:05)
9月30日(日)一般部門午前ブロック(9:30受付開始、10:30~12:30)
9月30日(日)一般部門午後ブロック・審査結果発表(12:30受付開始、13:20~18:20)

【コンテスト本選観覧フォーム(無料)】
https://docs.google.com/forms/d/18K3tr4OzCwHrUrIdqFslFDYsZmj7-68RkuQQ0NbXgoM/viewform?edit_requested=true

【YYコンテスト公式ウェブサイト】
https://yycontest.org/

7/1日(日)6:20~12:00実施
宇都宮大COC+主催 日帰り「フィールドワーク&ワークショップ」
『 "地元で働く・活動する・楽しむ"を考える@宇都宮』(学生参加費無料、定員30名)

私達は、それぞれ地元や故郷と言う愛すべき場所・空間を持っています。東京一極集中や東京ブラックホール現象が叫ばれる中、東京からUターンやJIターンをする人も増えてきました。今回はそのような"ターン"経験者を迎え、その考えを聞いた上で、「地元で働く・活動する・楽しむ」をテーマに、半日対話をする機会を創りました。朝が早いので、無料直行バスも用意します。どうか奮ってお申し込みの上、ご参加ください。


紅茶ビジネスのワイズティーネットワーク根本泰昌社長の「なぜ私は地元に戻って、働いて、活動をして、楽しんでいるのか⁉」や、テレビ朝日の人気番組「ぶっちゃけ寺」のレギューラーだった光琳寺副住職井上広法さんの「中学卒業後のギャップイヤー(空白でなく機会)と今の私の活動につながること」 などの話も聞いたあと、ワークショップも行う。

尚、詳細は以下をお読みいただき、必要事項である「氏名・性別・大学&学部名&学年、本人連絡メールアドレス、本人携帯番号、自宅電話番号、会場集合の別(6:20、7:00 、8:20の別)」をご記入の上、件名を「日帰り合宿申込」とし、cocplus@cc.utsunomiya-u.ac.jpまで、メールでお申込ください。


新 宇都宮キャリア合宿_オモテ.jpg


新 宇都宮キャリア合宿_うら.jpg

ホームレス問題の研究&アドボカシーに取り組むがARCH(アーチ、共同代表:北畠拓也)が、今夏二つの事業にチャレンジする。

まず、「東京ストリートカウント」を行う。

東京ストリートカウントは、2016年1月にARCHが東京で初めて実施した市民参加型の路上ホームレス人口調査。これまで市民ボランティア506名(のべ920名)が参加し、計13晩4期に渡って都内13区を調査した。深夜調査の結果としては、東京都が昼間に行う調査の約2.5〜2.8倍の人が野宿状態にあるという実態が明らかになった。こうした一連の結果は既存の政策の根本を問い直すものであり、行政や議会への政策提言・メディアでの報道へとつながっている。

今夏は、より大きな社会的インパクトを狙い、市民1000人による大規模調査を実施する。見えにくい問題だからこそ多くの人とともに実態を見つめ考えることが重要との考えだ。2020年オリパラに向け東京がホームレス問題に向き合う都市になることを目指している。
https://goo.gl/forms/1pBIqh30yTZuuFrP2

この東京ストリートカウントの参加者を以下の日程で募集している。現在、参加登録数は約200名。今回は社会的インパクトを高めるため、1000人の方にボランティアを募集しているが、まだ参加者数が充足していない。是非周囲の方お誘いしてほしいと考えている。(ご参加頂ける際は以下のフォームよりご登録ください。)

【募集概要】

・募集人数:1000名

・日程(予定):

8月3日(金) 日中13:00-17:00 多摩川河川敷

8月3日(金) 深夜24:30-28:30 東京23区の外周部

8月4日(土) 深夜24:30-28:30 東京23区のうち中心部(渋谷、新宿、豊島、文京、千代田、中央、台東、墨田、港、品川、目黒を予定)

8月5日(日) 日中13:00-17:00 荒川河川敷

・参加エントリーはこちらから:https://goo.gl/forms/1pBIqh30yTZuuFrP2


また、「2018夏ストリートカウント」のクラウドファンディングへの支援も合わせて募集している。



今回のストカンでは、ストリートカウントの実施資金を獲得することと、拡散力をあげ、新規参加登録者を増やすことを目的にクラウドファンディングを立ち上げている。

募集期間:7月2日(月)~、目標金額:100万円、3千円~の支援となっている。

⇒クラウドファンドページ:https://camp-fire.jp/projects/view/77105

1  2  3  4

最近のお知らせ

アーカイブ