ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

JGAP寄稿者短信:「自分のできることを人にできるようにする」(内藤俊輔、 青年海外協力隊/ルワンダ派遣)

明けましておめでとうございます。

残り任期がいよいよ3ヶ月を切りました。

タイトルにある通り,自分にできることを人にできるようにする。

今までの活動は続けつつ,自分がいなくなっても自分のやっている事を人に引き継いでいく時期になっています。

お土産屋を営む支援先では,年末になり様々な問題が出てきています。

正直お店存続の危機です。協力隊の期間の中で間違い無く一番ピンチな状態。

内藤さん1.jpg


しかしこういった困難に立ち向かい,解決することが僕がいる意味だと思っています。

今はそれらの問題を組合長と解決しながら,

今まで僕がやっていた広告系の仕事を,今後この組合を引っ張れる存在になるかもしれない彼女に引き継いでいます。
内藤さん2.jpg

彼女は現在マーケティングのマスターを取る為に夕方学校に通う女子大生。


卒業後,この組合で仕事をしたいとの事。

パソコンは最低限の技術はありますが,
僕の様に特殊なソフトを使わずにWord・パワーポイントを使って広告を作るエセクリエイターの技術を教えております。

勿論,お金があれば業務委託した方がより良い物が作れるかと思いますが,

組合はそこまでの余裕がありませんので,センスがありそしてやる気がある子に技術を教えるという事で組合長と決めました。

見た目イケイケな感じですが,教えている時は真面目です。そしてやる気もあります。

なんとか帰国までに広告やパンフレットを自分で考えて作れるくらいにはしたいと思います。

組合長も彼女も頑張ってるので,自分も頑張るぞーー!!!!


(関連記事)
2014年7月16日付エッセイ集 フロンティア・フォーラム No.174:「 格好悪くてもいいじゃないか。それでも前に進み続けるたった1つのコツ」(内藤俊輔さん、 青年海外協力隊/ルワンダ派遣) http://japangap.jp/essay/2014/07/post-79.html

2014年9月13日付JGAP寄稿者短信:「世界一周するのと,海外に長期滞在する違いは何ですか?」http://japangap.jp/info/2014/09/jgap-166.html


プロフィール:
内藤俊輔
1986年青森生まれ。
中学時代に父を亡くし母子家庭で育つ。マーケティング会社に約5年勤めた後,平成24年度4次隊として青年海外協力隊でルワンダに派遣。

Blog:ルワンダから観た世界〜内藤俊輔BOOK〜(http://ameblo.jp/naikel0311/
Twitter:@Naiting_s
Facebook:https://www.facebook.com/naitobook
E-mail:naikel0311@gmail.com

最近のお知らせ

アーカイブ