ギャップイヤー・ジャパンからのニュース・お知らせ

JGAP公式ウェブサイトの月間訪問数は、初の5.5万人超(昨年11月比2割増)。平均滞在時間は4分半で、月間PV(閲覧ページ数)は12万PV超! 


20140202ページビュー.jpg

ギャップイヤーは「空白」ではなく「機会」。"一本道のキャリア"でない時代に必要な概念であり価値感
 昨年8月にJGAP公式ウェブサイトの月間訪問者数・PV(閲覧ページ数)を発表して以来、順調に伸長し、月間訪問者数(2月2日付)は、昨年11月前に比べ1万人増の5万5千人超となった。PVは12万1000PV強となっている。平均滞在時間も4分半と、相変わらず、1ページ毎じっくり読まれている。

 ギャップイヤー経験者やフロンティアを開拓する若者や識者の人気エッセイ欄「フロンティア・フォーラム」(現在記事数150本超)も好調をキープしていて、昨年2記事が1,000「いいね!」超を出したが、1月になって、阿部愛里(宮城県気仙沼西高校 3年)さんが高校生として初めて1,000「いいね!」を記録し、2月も早々に、nagi yoshida (フォトグラファー)さんの「私がアフリカで裸になった理由」 も1,000「いいね!」超えをした。参考:http://japangap.jp/essay/2014/01/-nagi-yoshida.html

 そして、フロンティア・フォーラム欄寄稿者による「その後の活動」を報告してもらう「JGAP寄稿者短信」も80記事を超えて、好評だ。

 また、日本でもギャップイヤーが国レベルでも議論し始めているので、その情報収集でのアクセスも多い。
参考:1/31(金) 文科省 第3回「学事暦の多様化とギャップタームに関する検討会議」開催 ※JGAP代表の世界の大学ギャップイヤー・プレゼン資料付-ニュース | 一般社団法人 日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP) http://japangap.jp/info/2014/01/131-jgap.html

 この公式ウェブサイトは昨年9月からアフィリエイト広告を掲出した。広告収入の用途は全額「ギャップイヤー・ジャパン基金」に充当することを宣言している。 金額はまだ小さいが、今後状況を報告したい。(参考記事:http://japangap.jp/info/2013/09/jgappv3212pv43.html

 ギャップイヤーは「空白」でなく「機会」------この新しい価値を提示する特異なサイトの存在を告知や口コミで一層知らせていただくことに協力いただきたい。


これからは、山椒は小粒でもピリリと辛い"エクセレント・メディア"へ


JGAP寄稿者短信(80記事。右ナビにリスト):
http://japangap.jp/info/cat43/
エッセイ欄「フロンティア・フォーラム」(次のリンクの右ナビに記事リスト、150超記事):
http://japangap.jp/essay/
海外ギャップイヤー事情:
http://japangap.jp/info/cat44/
識者へのインタビュー記事「私のGAP YEAR時代」:
ソーシャル・イノベーション:http://japangap.jp/info/cat49/
http://japangap.jp/gapyear/2012/11/2001ngo200210.html
独自コンテンツもあるJGAPの「フェイスブック・ページ」:
https://www.facebook.com/japangap.jp

最近のお知らせ

アーカイブ