代表ブログ Jギャップは社会変革のイニシャル!

「英国のシリアル起業家リチャード ・ ブランソン卿が、『16歳でギャップイヤー取得を!』と言い出した」(砂田 薫)

ギャップイヤーは「人生の大学(university of life)」
 リチャード ・ ブランソン卿といえば、1973年にはレコードレーベル「ヴァージン・レコード」、1984年にヴァージン・アトランティック航空を設立。現在グループ全体で22カ国、25,000人の従業員を擁する規模にまで成長させたシリアル起業家で、冒険家としても有名だ。

 そのブランソン卿が、「英国の若者は、16 歳で教育を終了させ、一旦世界を旅するギャップイヤーを取らせるべきだ」と声高に言い出した。この記事が出たのは、世界で400万人の登録者があるという英国の教員・教育関係者向けのTESというサイト。

 まず、ブランソン卿は、現在の英国の教育システムを痛烈に批判している。「学校は、若者に対して、広い世界に導く準備ができていない」と教育の未来を議論したヴァージン・グループのイベントでコメントをしている。若者はリアルな大学に入学するかではなく、「人生の大学(university of life)」、すなわちギャップイヤーで、より優れた社会体験・就業体験をすることの大切さと説く。冒険家でもある彼らしい発言とも言える。

 また、リチャード卿は、「学校でフランス語を学ぶこと」を、"時間の無駄"と一刀両断で、それより、スペイン語を教えるべきであると持論を展開している。「だって、スペイン語のほうが簡単だし、世界の人口の半分で通用するよ。それに教室でなくても、オンラインで学べる。」。

 彼は、「ロケット科学者になるなら別だが、10歳までに基本的な算数を学ぶだけでよい」とも言い切る。

 リチャード卿が特に強調するのは、 高校時代の16歳でギャップイヤーを取得し、その後の人生のためによりよい準備をすることだ。

「もし子どもに、足し算引き算、英語の読み書き、また取り巻く世界や興味関心事に強い想いを抱かせられないなら、学校は終わりだね」と言い放つ。


学校の教室で、どのように大きなビジネスが回っていくか、問うてみてほしい!
「16歳で、子ども達に1年旅するギャップイヤーを楽しんでもらおう。それから帰還して大学に行くにせよ、何も3年でなくていいじゃない(英国では基本、大学は3年)。1年半でも9ヶ月でもOK。全員杓子定規に、3年間の借金を負わせる理由はない」「もちろん、医学や職業に直結した弁護士業などは別にして」と続ける。

リチャード卿は、実はこれまで英国の教育システムに言及することはなかった。それは自分の発言をきっかけに、学生にドロップアウトしてほしくなかったし、学位や資格を取得しないと、後の人生に所得が上がらない構造も理解しているからだ。「しかし、考えれば考えるほど、英国の教育には怒りがこみ上げてきたので」と胸のうちを語る。

 最後に、リチャード卿はこう結ぶ。

 「学校の教室で、どのように大きなビジネスが回っていくか、問うてみてほしい。子ども達は、自分たちの取り巻く世界から活気や希望をもらえるのだから」

(関連記事・情報)
10/26(月)14:30~ 講演:「日本の大学で進展するギャップイヤー・プログラム~採択される10大学・1短大・1高専の特徴と今後 (JGAP 砂田 薫代表 )
http://japangap.jp/info/2015/10/102614301011-jgap.html


※「海外ギャップイヤー事情」100超記事の一覧リスト(右ナビ)→http://japangap.jp/info/cat44/新4階層 ギャップイヤー.jpg
 

※この記事は 、BLOGOSでもお読みいただけます。⇒ http://blogos.com/outline/125887/
新4階層 ギャップイヤー.jpg

「今秋から新たに10大学で"ギャップイヤー制度"が誕生する!」(砂田 薫)


「トビタテ留学!JAPAN」でも"ギャップイヤー奨学金"!
 昨日、文科省から平成27年度「大学教育再生加速プログラム(AP)テーマ4」の 長期学外学修プログラム(ギャップイヤー)の採択10大学(他に短大1、高専1)が発表された。

 今回の応募数は38機関、3割の採択率と激戦だったが、上図の「ギャップイヤーの階層図」の第1層の「大学等運営のプログラム」が新たに12件誕生することになる。ちなみに、第2層「参加者が公共団体等に提示」の例は、最近では文科省の「トビタテ留学!JAPAN」がある。ギャップイヤーと謳ってはいないが、5つのカテゴリーの内、「新興国派遣(②新興国コース)」や、起業・国際協力・復興支援・芸術・スポーツなどをテーマにした「多様性人材(④多様性人材コース)」「地域人材(⑤地域人材コース)」と3つが概念としてギャップイヤーに相当する。

 さて、これまで自主財源で行ってきた東大や国際教養大に続き、秋口には一挙に10大学のギャップイヤー制度(プログラム)が誕生する意味は大きい。それは"シャワー効果"のように、大学にギャップイヤー制度がなくても、学生自ら何らか目的意識を持ってギャップイヤーを選択して国内外に飛び出す「第3層」のボリュームを厚くし、キャリアの多様性を生む「ギャップイヤー」文化が浸透する起爆剤になるからである。もちろん文科省のこの補助金は「大学改革」の一環で、各機関に対し5年間上限が2千万円。補助期間終了後は自立的な事業の継続に向けた計画の策定をし、恒久的な学内制度に整備していくことが求められている。その意味でも、ギャップイヤーが日本に定着する大きな一歩なのは間違いない。

 私は、当然ながら講演や取材で「なぜ今、日本の大学でギャップイヤーが注目されるのか」とよく聞かれる。それは大学進学率が5割を超える中、同調圧力で「なんとなく大学へ」や、偏差値データや進学指導の徹底(AO入試と推薦入試で4割)で、「何をしたらよいかわからない」成熟ないまま大学に入学してしまう学生が増え、「何のために学ぶのか」を見出せない若者が増えていることに起因すると応えている。またギャップイヤーの発祥の国の英国だけでなく、北欧やオセアニアなど、本国を凌ぐ勢いで発展・定着している国も多いという現実がある。特にここ数年、米国名門大学でのギャップイヤー制度導入は、特筆すべきものがあるのは既報通りだ。

 社会における生産的な活動には、人は「スキルとマインド」が必要だが、もう一つ忘れてはならないのが「モチベーション」の存在だ。活動のエンジン自体が弱い青年が多い中、換言すれば根本的なモチベーション不足の若者が増える中、comfort zone(ぬるま湯)から抜け出して、親や教員から距離を置く「非日常性」の中、じっくり自分は何者かを整理して考える、向き合う時間を創出する時間が必要な学生が多い。主体的に考えて表現する力、多様でグローバルな視点をもってもらいたいという趣旨で導入されたのがギャップイヤー制度(プログラム)といえる。

 今回採択された12高等教育機関のコンセプトを調べてみると、実に興味深い。
まず、小樽商科大学では、JGAPが設立からこれまで4年半提唱していた英国型の「大学入学猶予制度(入学が決まった高卒者に入学前のギャップイヤーを経験できる)」を核にしたギャップイヤー・プログラムを計画している。新潟大学では、初年次の長期学外学修(ギャップイヤー)課目を必修化するという。

 関西から唯一採択された神戸大学では、1,2年生の一つのクォーターを「国際的なフィールドでの自主的活動」に充てて、「グローバルチャレンジ実習」として単位認定し、「課題発見・解決型グローバル人材」を輩出したいとしている。実に野心的なコンセプトだ。福岡女子大学は、初年次教育を中心に、①OJT型(国内外)地域課題探索インターン ②海外交換留学、有給海外インターン ③PBL型社会実践サービス・ラーニング、プロジェクト研究実践をプログラム化していく。


2月中旬から3月中旬の「梅春学期」をギャップイヤーにという大学も出現!
 東京の工学院大学では、現在学内で、理工系人材のグローバル化をテーマにした「ハイブリッド留学」があるが、これは語学留学でなく「まず海を渡る」を最優先だったが、もっとも適切な時期に海外で主体的な共同学修体験を積むできる仕組みに改革したいとのこと。津田塾大学は、H24年度の中教審答申の「大学教育の質的転換」と重ね合わせ、「(課外)留学、インターンシップ、ボランティア」のギャップイヤーの機会をより多くの女子大生に提供し、"女性による女性のためのエンパワーメント"を促進したいと宣言している。

 文化学園大学は「新しい美と文化創造」の建学精神に鑑み、グローバル意識の高揚のため、学事暦を見直し、2月中旬から3月中旬を新たに「梅春学期」を新設し、1年次・2年次を中心に、学外体験プログラムを創り、「グローバル創造力」を養成したいという。武蔵野大学は、社会のパラダイム・シフトに対応し、①自発自然型人材 ②グローバル人材 ③地域貢献型人材を育成するため、入学直後を中心に、1~7ヶ月間の「武蔵野BASISフィールド・スタディーズ(MBFS)」というギャップイヤー・プログラムを実施する。東京工科大学は、今年度から工学部で2ヶ月間のコーオプ実習(有給での就業体験)を必修としているが、今後クウォーター制開講により8週間のギャップイヤーを作り、学外の就業体験活動を構築するという。

 中京地区では、唯一採択された浜松学院大学は、現代コミュニケーション学部(定員160人)の「単科大学」だが、全学学生を対象に、「長期フィールド・スタディ」として、フィリピン・ダバオ市、浜松市北遠地区、東北被災地の「基礎編」と、学生の主体性重視の「応用編」を構築するもの。また、意欲的にアウトカムとして「社会人基礎能力」を利用した大学独自のルーブリックで、参加学生と他学生のGPAの差異も測定する。かなりコンセプトや骨子がしっかりしていることはお気付きだろう。

 唯一の短大の採択でしかも九州地区に位置する長崎短期大学は、「短大の使命は、地域の職を支える人材育成」と定義し、2年間の学びをクウォーター制にし、8つのターム(準備、導入、実践、検証、定着、応用、発展、完成)と大ナタを振るう。1年次の実践ターム(8-11月)に佐世保市と連携し、「Awesome Sasebo!」事業で、学生が学外で地域の課題解決を図るギャップイヤー・プログラムにする意向だ。

 中国地方でしかも高専で唯一採択された国立宇部工業高等専門学校は、5年制によるグローバル社会で活躍できる中核技術者育成が使命だが、地域教育と海外体験プログラムを中心に「国内外で1ヶ月以上の体験学習」ができるギャップイヤーを構築し、未来志向型の人材を輩出したいとしている。

 いずれにせよ、上述12事業の全容が明らかになるのは今秋だが、現在学内に制度がある東大や国際教養大に続き、人材育成の仕組みとしてギャップイヤーが大きなトレンドになり、教員や親から離れた非日常化での社会体験(ボランティアや課外留学、旅等)や就業体験の重要性が確認されることになる。また今回の12の採択機関で実施したギャップイヤー・プログラムが学生にもたらした効用や知恵が共有され、海外の事例との相違・相似がわかってくれば、さらに日本でギャップイヤーは進展する可能性がある。


大学は"社会のリーダー創出"が使命であり、リスク・テイカーを育成すること! 
 各採択機関は、リスクを極端に嫌う日本社会に挑戦する側面もある。親御さんも社会一般も、成熟していない(immature)学生の存在は、由々しき問題だとは感じているはずである。大学は、ますます困難で混迷を極める社会のリーダーを育成する機関だ。日本の異常な速度での「少子高齢化と人口減」を考えると、キャリアは一層非連続で不安定になるだろう。そうなると、これからの時代は、心の耐性やしなやかさが問われ、レジリエンスが肝要だ。リーダーとはリスク・テイカーであり、ノー・リスクや無菌状態では生まれない。だから、失敗したり、多少怪我や鼻っ柱を折られたくらいで、どうかギャップイヤー・プログラム自体を否定しないでほしい。家に閉じこもる以外、外出すれば事故に逢うこともあり、モノが上から降ってくることもある。卒業後の人生の荒波への"予行演習"として必要なことと捉えることだ。

 ギャップイヤーは、「かわいい子には旅をさせよ(旅、課外留学)」「情けは人のためならず、利他(ボランティア)」「他人の釜の飯を食う(インターンシップ)」の具現化である。

(関連記事)
2015年1月29日付
「ついに大学に、文科省の"ギャップイヤー予算"が付く!」-JGAP代表ブログ
http://japangap.jp/blog/2015/01/-27-httpwwwkanteigojpjpsingisouseikihonseisakudai2s6pdf.html

※「海外ギャップイヤー事情」(100記事以上)
http://japangap.jp/info/cat44/

「フィンランド・アカデミーのギャップイヤー調査結果公表~明らかによいことで、ストレス軽減作用も!」


教育科学文化省直下で教育戦略を立案・検討する研究機関がギャップイヤー調査
「ハフィントンポスト英国版」5月14日付に、興味深い記事が掲載されている。見出しは「So Taking A Gap Year Is Apparently A Good Thing, And Means You'll Have Lower Stress Level」で、日本語にすると、「ギャップイヤーって、明らかによいことで、ストレス軽減作用も」というところか。

 この記事は、フィンランド・アカデミー(注1)のギャップイヤー調査結果(12日公表)を要約したもので、「学習・知識・スキルプログラム」の一環として調査されているのが興味深い。高校卒業生の半分がギャップイヤーを取得するとすら言われる北欧で、教育科学文化省直下で教育戦略を立案・検討する研究機関が、日本の文科省もそうだが、ギャップイヤーを教育的見地からまともに議論していることに注目してほしい。

 今回の調査・研究をリードしたヘルシンキ大学のカトリーナ・サルメラ・アロ教授は、「若者にとって、高校から高等教育に進学するのは、人生においてキツイ局面であり、卒業のタイミングで擦り切れる者が現れる。多くの若者にとって、ギャップイヤーはポジティブな未来観を醸成しながら、休息し未来の選択肢を考える機会を提供している」とコメントしている。

 同教授は「高大間のギャップイヤーの研究成果では、それは有害でない、特に、若者が1年やそこらを取得する限りでは」と結論付けている。

 しかもギャップイヤー取得者と非取得者の関係を見ても、帰還後、就学の動機付けで遅れたことを努力で早々に克服していると言う。健康ならば「人生80年時代」-----広範な社会体験や就業体験をするギャップイヤーの半年や1年がはたして大変なハンデになるのか、「案ずるより産むが易し」ではないか。この調査は、ギャップイヤー非取得者がより目標志向で学習に耐性があるもののストレスを抱えており、学生の長期の旅がその後の人生の成功を阻害したりすることはないことも明らかにしている。

日本でもまた高校生ギャップイヤー生がひとり誕生した!
 本日の中日新聞夕刊に、名古屋大学附属高校の吉野 裕斗さん(18歳)がインタビュー取材されている。24日から高校を1年間休学して、「世界一周の旅」に出るという。将来具体的にやりたい仕事は何か、村上龍氏の職業百科全書「13歳のハローワーク」でも見つけられなかった原体験がある。「大学進学前に、まず"リアルな世界"を知りたい」----そう考える生徒や学生がいても自然ではないだろうか。旅程は、フィリピンの語学学校で英語を4週間学び、東南アジア、中国、ロシア、欧州、北米、南米。今関心あるテーマは、「貧困と教育」、貧困の中で子供達の教育がどう行われているかを自分の感性で掴んでくる。親元や教員に守られたcomfort zone(ぬるま湯、日常)から抜け出して、ギャップイヤー生(gap year student)がまた生まれた。親を説得して旅立つ吉野さん、来年2月にどんな成長を遂げて帰国するか、今から楽しみにしたい。

 ギャップイヤーは、「空白」でなく「機会」、それは新たな価値であり、"キャリアの創造"である。

(注1)フィンランド・アカデミー(FA)
フィンランドの 教育科学文化省所管の組織(1970年設立)。長期の研究開発基金により、高度な研究開発を支援。前身は国家科学政策委員会。

参考:フィンランド・アカデミーのサイト「ギャップイヤー調査結果」:http://www.aka.fi/en/about-us/media/press-releases/2015/a-gap-year-does-not-weaken-study-success/


(関連記事)
2015年1月29日付
「ついに大学に、文科省の"ギャップイヤー予算"が付く!」-JGAP代表ブログ http://japangap.jp/blog/2015/01/-27-httpwwwkanteigojpjpsingisouseikihonseisakudai2s6pdf.html


2013年9月10日付
ギャップイヤーが注目されるのは「自分の足で立ち考え、視野広く問題解決できる学生が今求められている」ことの反映~米国の現状から想うこと-JGAP代表ブログ http://japangap.jp/blog/2013/09/-usa58-50-npo-act-3-1.html

※オスロにある「北欧イノベーション・リサーチ・教育研究所(the Nordic Institute for Studies in Innovation, Research and Education )」によると、米国と対照的に、「ノルウェー、デンマーク、トルコなどでは大学入学前のギャップイヤー取得者は50%をはるかに超えている」と言う。

2014年1月5日付 ※「いいね!」が1222個。ツイートが154件
No.150:「高校3年生、今、自分らしさを求めて~私のギャップイヤー計画」 (阿部愛里さん、宮城県気仙沼西高校 3年) -エッセイ集 フロンティア・フォーラム :http://japangap.jp/essay/2014/01/3-3.html


(ギャップイヤーの定義と4層構造
スライド1.JPG

戻る 1  2  3  4

記事一覧

代表ブログトップページへ戻る